1年以上10年以内に必要になるお金の運用

1年以上10年以内に必要になるお金の運用

給料をすべて使い切らずにその一部は何らかの形で残すようにします。人によっては給料ぎりぎりでないと生活できない事もあります。でも将来お金がなくなったときに困ることになります。余裕があるときに少しでも節約をするようにすれば残せる場合があります。そうするとその部分を使って子供の教育費であったり、住宅ローンの支払いに充てられる場合が出てきます。

1年以上10年以内に必要になるような部分はどのように運用すればいいでしょうか。これらは今すぐに必要でない部分です。ですから多少リスクがあっても調節することが可能な部分です。100万円が90万円ぐらいになったとしても10万円ぐらいは別の部分から充当することができるでしょう。そのことからも株式や投資信託などの金融資産に投資することがあります。

株式は非常にリスクがあり場合によって価値が0になることがあります。ですからいくら投資をしてもいいとしてもすべてを振り分けないようにします。株式は20パーセント程度、公社債を中心にした投資信託に30パーセント程度、株式投資信託に30パーセント程度、その他は外貨などで保有すると良いかもしれません。そのときの情勢で配分を変更するようにします。

I



Copyright(c) 2017 1年以上10年以内に必要になるお金の運用 All Rights Reserved.